遺言書とは

遺言人が死後の財産・遺産の処分方法を明記した法的書類のことを「遺言書」といいます。

遺言書には3つの種類があり、正しく書かないと無効になってしまうこともあるので、法務知識を持った行政書士に相談することをお勧めします。

 

遺言書の種類

遺言書には、3つの種類があります。

  • 自筆証書遺言:遺言者本人が自筆して作成する
  • 公正証書遺言:証人2名が立会い、遺言者の口述を元に公証人が作成する
  • 秘密証書遺言:遺言者が作成・封書し、証人2名と公証人の前に提出する
種類 メリット デメリット
自筆証書遺言
  • 作成に費用がかからない。
  • 家庭裁判所の「検認」が必要。
  • 紛失や偽造の危険がある。
  • 内容に不備があれば無効になる。
公正証書遺言
  • 遺言書の有効性が確実。
  • 公証役場で保管するので安全。
  • 作成には手数料がかかる。
秘密証書遺言
  • 第三者の代筆やパソコンでも可。
  • 遺言書の存在を明確にしつつ、内容は秘密にできる。
  • 家庭裁判所の「検認」が必要。
  • 紛失の危険がある。
  • 内容に不備があれば無効になる。

遺言書が無効にならないために、公正証書遺言をお勧めします。また、自筆証書遺言を作成する際にも、専門家に相談することが望ましいです。

 

遺言書作成料金表

現在作成中です。
事前に見積もりを提示いたしますので、詳しくは、お電話(03-6302-0475)もしくは下記フォームからお問い合わせください。

 

 お問い合わせの内容はこちらで宜しいですか?