会社設立を代行致します。

「会社を作りたいが、どうしたらいいかわからない。」といった方の会社設立をお手伝い致します。

会社設立メリット

・税金が安くなる

ある規模まで年商が上がってくると、法人化したほうが税金が安くなります。これは個人は累進課税制度を採用しているのに対して、会社は所得が増えても一定の税率が課せられることによります。また、資本金1000万未満の会社の場合、消費税が2年間免除されるメリットもあります。

・責任が有限責任になる

個人事業主は債務について無限の責任を負いますが、法人化すれば、自分の出資の限度しか責任を負うことはありません。

・決算月を自由に決められる

個人事業の場合は、決算月は12月と決められていますが、法人の場合は決算月を自由に決めることができます。これにより、節税対策を実施しやすくなったり、計画的に経営できるようになる効果があります。

・信頼を得やすい

個人事業とは取引しない会社が存在していたり、銀行からの借入がしやすくなるという事実があることから、信頼を得やすくなることは大きなメリットと言えます。

・相続税がかからない。

個人事業の場合、経営者が死亡するとすべての財産が相続の対象になりますが、法人の場合、会社の所有財産に相続税はかかりません。

 

会社設立の流れ

設立準備

1、商号を決める。

商号とは、「社名」のことです。商号はある程度自由に決められますが、一定のルールがあります。

  • 同一住所で同一商号は登記できない。
  • 会社の種類(株式会社、合同会社等)を入れる
  • 使えない文字(ギリシャ文字、ハングル文字等)がある
  • 特定の名称(支店、支社、支部、出張所等)は使えない

2、印鑑を作る。

会社設立に最低限必要な印鑑は3種類あります。

  1. 実印(代表者印)
  2. 銀行印
  3. 角印(社印、認印)

定款作成

会社の基本原則「定款」には会社法で定められている記載すべき事項が5項目あります。

  1. 事業目的
  2. 商号
  3. 本店所在地
  4. 設立に際して出資される財産の価額又はその最低額
  5. 発起人の氏名又は名称及び住所

資本金払込

資本金とは、会社を始めるための準備金です。会社設立後はこのお金が運転資金や設備資金となります。

資本金は1円からでも設立可能ですが、口座開設や、融資を受ける際に資本金の額は重要になりますので、あまりに低額にするのは現実的ではありません。

また、資本金が1,000万円をこえると初年度から消費税が課税されますので、注意が必要です。

会社設立登記

会社登記の際に「資本金の払込証明書」が必要になります。資本金払込後、2週間以内に法務局に登記申請をします。

税務署、都道府県税事務所、市町村へ届出

法務局での手続きが完了しましたら、次は税務署、都道府県税事務所、市町村への届出が必要となります。会社の所在地を管轄する税務署へ届出をします。

社会保険関係の手続き

最後に社会保険関係の手続きをします。会社設立時には資金の関係で加入しない会社も多いのですが、加入は義務付けられています。

1、社会保険

厚生年金と健康保険の加入を行います。社長1人の会社でも加入しなければなりません。
以下3点を年金事務所へ提出する必要があります。

  • 健康保険・厚生年金保険新規適用届
  • 健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届
  • 健康保険被扶養者(異動)届

謄本が添付書類として必要になりますが、住民票や賃貸借契約書等のコピーが必要になる場合もあります。

2、労働保険

従業員を雇った場合には、労働保険の加入も必要になります。
まず、労働基準監督署に以下2点を提出します。

  • 労働保険 保険関係成立届
  • 労働保険 概算保険料申告書

次に、ハローワーク(公共職業安定所)で以下2点を提出して手続きを行います。

  • 雇用保険 適用事業所設置届
  • 雇用保険 被保険者資格取得届

どちらも謄本が添付書類として必要になります。

その他

1、契約書関係の用意

取引先と契約を結んだり、人を雇ったりする際に契約書が必須になってきます。例えば、「雇用契約書」「業務委託契約書」「秘密保持契約書」等です。

2、法人用口座・クレジットカードの作成

法人と個人の口座はしっかり分ける必要があります。

3、営業・PR活動

名刺やホームページ、挨拶状など、登記後すぐに活動できるように準備が必要です。

 

会社設立料金表

現在作成中です。
事前に見積もりを提示いたしますので、詳しくは、お電話(03-6302-0475)もしくは下記フォームからお問い合わせください。

 

 お問い合わせの内容はこちらで宜しいですか?