【会社設立手続きの流れ】設立準備(商号、印鑑の作成)について

会社を設立しようとした際に何から始めていいのか分からないという方は多いと思います。
しかし、実際は手順さえ守ればそれほど難しいことではなく、外注せず自分で行うことも可能です。

会社設立の手続きの流れを説明していきますので、これから会社を企業しよう、独立しようと考えている方はぜひご参考下さい。

会社設立は一般的に以下の流れで行います。

  1. 設立準備(商号、印鑑の作成)
  2. 定款作成
  3. 資本金払込
  4. 会社登記
  5. 税務署等へ届出
  6. 社会保険関係の手続き
  7. その他(契約書関係の用意等)

今回は1の設立準備(商号、印鑑の作成)について説明致します。

 

設立準備

①商号を決める

商号とは、「社名」のことです。
商号はある程度自由に決められますが、一定のルールがあります。

・同一住所で同一商号は登記できない。

現行の会社法で、同一住所に同一商号は登記できないと定められています。
同一住所でなければ、同じ名前の商号が存在しても登記することができます。

・会社の種類を入れる。

種類とは「株式会社」や「合同会社」等のことです。会社を設立する際には、商号の中で酒類を使わなければなりません。
また、「株式会社」なのに、「合同会社」や「合名会社」等、違う種類の文字を使うことは出来ません。

・使えない文字がある。

使える文字:漢字、ひらがな、カナカタ、ローマ字、アラビア数字
使える符号:「&」「’」「,」「-」「.」「・(中点)」
使えない文字:ギリシャ文字、ハングル文字 等

・特定の名称は使えない。

「支店」「支社」「支部」「出張所」等、組織の一部を示す文字は使えません。
また、銀行業を行うわけではないのに「銀行」や、信託業を行うわけではないのに「信託」という文字も使うことはできません。

②印鑑を作る

会社設立に最低限必要な印鑑は3種類あります。

・実印(代表者印)

実印は、法務局で登記申請をするときに一緒に届出をしなければなりません。
実印が押されている書類は、その会社が正式な意思決定に基づいて印鑑を押したとして扱われるため、非常に重要な印鑑です。

・銀行印

銀行印は法人用の取引口座を開設する際に、金融機関に届け出る印鑑です。
実印を銀行印として届出することも可能ですが、上述のように、実印は効力が大きい印鑑のため、別に作るのが一般的です。

・角印(社印、認印)

角印は、見積書、請求書、領収書など、軽微な書類に利用されるため、ビジネスシーンにおいて最も多く使うことが想定されます。

 

まとめ

まず、会社を作ろうと思ったら、会社名を決めて印鑑を作る必要があります。

ルールに則った社名を決め、印鑑3種類を作成下さい。
印鑑は店舗で購入してもいいですが、ネットで買うと安く済む場合もありますのでご参考下さい。

また、弊所では印鑑作成の代行も行っております。ぜひご検討下さい。

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 お問い合わせの内容はこちらで宜しいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください